睡眠時無呼吸症候群といびきの違い

睡眠時に無呼吸を繰り返して、その結果、日中に眠くなる
熟睡感がないなどの症状を呈する疾患

無呼吸(10秒以上の呼吸停止)を一晩7時間の睡眠中に
30回以上、あるいは一時間当たりに5回以上起こす病態


(中枢型)
脳障害を持っていると、脳からの伝達が上手くいかなくなり
息が出来なくなることでおこるタイプです

(閉塞型)
肉がつきすぎといった、いろいろな理由でノドの気道の
部分が閉じてしまうことで呼吸が出来なくなる


睡眠時無呼吸症候群

ほとんどのパターンが閉塞型の睡眠時無呼吸症候群ですね
早めの治療が必要です

スポンサードリンク

参考となるサイトとなります