アトピーがコンプレックス

"アトピーです。
体中、アトピーになっているため非常に汚いですし、醜い体です。
醜くてしかたがないですし、治療しても治るものではなりません。
この体は絶対に見せることできません。
触るのも嫌だと思います。
まだまだ、アトピーとしては初期段階ですが、ひどくなったときどうしようと思います。
ひどいときは、自分でも気持ち悪いと思いましたし、かゆくて寝れません。
さらに、自転車に乗ることもできません。
こんなしんどい体が一番嫌いです。
顔つきも変わる恐れがあるため、恐怖です。
今は、綺麗だけどいつ顔が変わるかわかりません。
子どもの頃は、アトピーが非常にひどくて周りの人から気持ち悪いと言われ続けました。
そのため、アトピーは醜いものだと思っています。
目蓋も赤くはれるため、ファンデーションで隠していました。
目蓋が赤い=変な顔になり、アトピーということが一発でわかるからです。
目蓋にファンデーションを塗るだけで別人の顔になります。
だから、友人と行く修学旅行など行きたくなかったです。
できるだけ、スッピンを見せずに過ごしていました。
また、前髪も長くして目蓋を見せないようにしていました。
この体は、本当に嫌いです。"

スポンサードリンク

参考となるサイトとなります